ツバメヤ×まっちん×山本佐太郎商店 大地のおやつ ツバメサブレ

滋賀県日野町の農家「大地堂」さんが 大切に育てた小麦の原種にあたる ディンケル小麦の石臼挽き全粒粉をはじめ、 岐阜県産と愛知県産の小麦イワイノダイチ、 てんさい糖、米油を使用し、 まぁるい形に焼き上げた和サブレ。 さくっほろっとした食感の中に、 ディンケル小麦のナッツのような風味が香る 力強くて優しいおいしさです。

●保存方法 直射日光・高温多湿をお避けください

サイズ:
素 材:
カラー:
価 格: 390円(税込)
数 量:

お気に入りに追加

 

 その他の味はコチラから ↓ ↓

IMG_2780

medium

top-f7a48ed8b24208b9fa7228ab0996c282

おいしさは素材選びからからだ思いの材料を使います!

お子様からご年配の方まで皆さんに安心して気楽に食べていただけるおやつをお届けしたい。まっちんの和菓子作りに対する想いと同じように、『大地の おやつ』シリーズに使う素材もからだに優しいものを厳選し、山本がプロならではの確かな目で品質を吟味。余計なものを使わず、素材のおいしさをそのまま生 かします。

 

 みんなに長く愛される30年後のおやつ作り

この人たちが作っています!

町野 仁英(愛称まっちん)

machino-1eeb6bb0b0341da7f6c7fd0d9423e5df

三重県伊賀市生まれ。農業の経験をきっかけに独学で和菓子作りを始め、2004年に「和菓子工房まっちん」を開店。米や豆や粉のおいしさを生かした素朴な和菓子が評判を呼び、全国にファンが広がる。2010年からは岐阜県岐阜市に活動拠点を移し、柳ケ瀬商店街の和菓子屋「ツバメヤ」の商品開発を手がける。材料の仕入れ先であった山本佐太郎商店の山本慎一郎と出会い、2012年より和菓子職人×油屋による『大地のおやつ』シリーズを展開。全国に“おやつの輪”を広げるべく、おやつ教室や一日喫茶など精力的に活動中。純喫茶と人情食堂をこよなく愛する。著書に「まっちんのおやつ(WAVE出版)」、「まっちんのかんたん焼きおやつ(マイナビ)」。

 

 

 

 

Shinichiro Yamamoto

山本 慎一郎

Yamamoto

 

明治9年創業、岐阜県岐阜市で140年続く老舗油屋「山本佐太郎商店」4代目。南山大学経営学部を卒業後、23歳で家業を継ぐ。“山本佐太郎”は曽祖父の名前。戦前は菜種の搾油などを行っていたが、空襲により焼失。戦後は業務用卸問屋としてさまざまな油や粉、調味料を扱い、東海エリアを中心に約500店舗と取引を行う。地域密着の油問屋として信頼を築く中、和菓子職人まっちんと出会い、油屋の新しい価値を生み出そうと全国に向けて『大地のおやつ』を発売する。パワーの源は白ごはん。ストライプ柄のつなぎ&オーバーオールがトレードマーク。背中に“LOVE & APPETITE=愛と食欲”を背負い、今日も笑顔で各地を走り回る。